自分がブログを書く意味。

こんにちは、カマカです。

 

ちょっとブログをお休みしていました。

特に話題がないとか、サボってたわけじゃないです。(多分ね…)

 

簡単にいうとブログにちょっと疲れてました。

協力隊のブログってなんのためにやっているかというと、『協力隊の活動や任国、僕の場合サモアですね、を知ってもらったり、そもそも協力隊ってなんですかってものを知ってもらう。』ために書いてます。

 

だけどいつのまにかPV数(記事が見られた回数です)の増減に一喜一憂していました。

 

そりゃあボランティアも人間なので、見ている人が増えれば嬉しいし、記事を投稿した日にアクションや反応が少なければ気分は下がります。気分が上がるときはいいんですが、気分が下がると書く気も自然と無くなる。困ったもんです。笑

そういう意味だと、ブロガーってコンスタントに記事書いているから尊敬する!

 

情報発信のためだけにやっていたブログだったけど、いつのまにかに数字を見ていまいました。その数字を見て気分が上下して、その気分の上下に疲れちゃってて。

結果的にめんどくせーってなりました。笑

 

だけどこの前日本から来た友達がサモアの風景や人、文化を見るたびにとっても驚いていました。そりゃそうだよなー、もう俺はサモアに住んで7ヶ月にもなって正直マンネリ化してきてる。

 

kamachan9.hatenablog.com

 

 マンネリ化してきたってことはワクワクしなくなってきたってこと。

日本からきた友達はサモアの全部に目をキラキラさせていた。

 

 

日本の人とか、他の国で活動しているボランティア、協力隊なんて全く知らない人からすれば、もしかしたら僕が書いているブログは新鮮かもしれない。もしかしたらブログをみたきっかけで協力隊に応募してみようって思う人もいるかもしれない。サモアに行ってみようかと思う人だっているかも。

 

そう感じるとやっぱ自分がブログやってる目的は、数字とか自分の気分を勝手に上下させることじゃなくて、『きっと知らないコトを誰かに知ってもらうコト』だと思います。

 

ちょっと本来の目的を忘れてましたね。笑

 

 

というコトでぼちぼちブログ再開しますーーー!!!