【青年海外協力隊】二次試験と小学校教育

サモアのカマカです。

7月中旬から二次試験が始まるからか、二次試験どうしたらいいですか?、とか何聞かれました?とかよく聞かれる+アクセス数が増えたので、便乗して僕が受けた

小学校教育と二次試験 

を改めて紹介します!過去に二次試験については簡単に書いてあるのでそのリンクを貼っておきます。

 

kamachan9.hatenablog.com

kamachan9.hatenablog.com

 

 

技術面接

技術面接とは文字通り、「その職種の技術的なこと、つまり専門性」を聞かれる面接です。

二次試験には人物面接というものもありますが、そちらはストレス耐性等を見ているのでどの職種もある程度一緒だと思います。

自己PR

僕が受けた試験ではまず「自己PR二分間でお願いします。」から始まりました。

内心では「うわっ、来たよ…」

って思っていたんですが、試験が行われる部屋の前で他の小学校教育志望の受験者がいて親切なことに

 

「なんか面接の初めに自己PRあるらしいよ、しかも二分!」

って教えてくれたのでがっつり準備することができました。笑

 

もうここから協力隊員の優しさが溢れ出ている。

 

しかも加えて僕は教員採用試験を受けていたので自己PRのベースはある程度できていたので協力隊用に少し変えるだけでした。なので用意しておくとだいぶラクになると思います。

聞かれる内容

技術的な質問、聞かれることは一次試験の時に提出した書類から出ます。

僕は

  • アクティブラーニング
  • 現地の先生と一緒に授業をする

という内容で書いたのでそこから質問ぜめに…

↓詳しくは前の記事で書いてます。

 

kamachan9.hatenablog.com

他の受験者と話していたら

  • 円周率ってなに?
  • 大学ではどういったことをしていたのか
  • 教育実習は行ったのか
  • 教育実習で辛かったこと、楽しかったこと

などなど、人によって様々です。

 

一次試験で自分が書いたことを元に面接準備をすると良いと思います

新卒と現職の人の差 

これは聞いた話ですが、現職教員だと自分の指導法にある程度の自信とプライドを持っているため圧迫面接になる傾向があるらしいです。途上国の教育現場を見て新卒より日本の価値観と照らし合わせずに柔軟に活動することが必要になるから、だそうです。

 

さらに現職の場合

  • 職場の同意
  • 職場では協力隊参加は肯定的かそうでないか

なども聞かれるようです

合格してからも訓練と研修、教育実習がある

合格後も技術補完研修というものがあります。

一定条件を満たしていない人を対象に行われる研修です。

小学校教員免許を持っていない、免許はあるけど現場から遠ざかっている(サラリーマン等)が対象です。

僕は参加していないので内容はわかりませんが…

なので免許を持っていないからと言って落ちるわけではありません。わからないことは正直にわからないと言っても問題ありません。僕も一つ質問に答えられないことがあって、伝家の宝刀ごとく

「わからないので派遣されるまでに調べます!」

となぜか自信満々に答えました。笑

 

最後に

正直であれば大丈夫だと思います。(というか説明会の時にそう言われました。笑)

時期的に卒論提出間近だったこともあり、対策はほとんどしていませんでした。

自分が小学校でできること、できないけど頑張って克服する姿勢を面接官に見せることが大切なんじゃないかと。 肩肘張らずにリラックスしていきましょう!

 

待合室で協力隊に興味ある人と話せるのでそれもすっごい楽しかったなあー。

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

↑1クリックで応援お願いします。他の協力隊員のブログに飛びます。