サモアの碧い天然のプール「トスアオーシャントレンチ」の観光レポート

 

 

サモアで小学校の先生をしているカマカです。

 

今回は現地訓練中にトスアというサモアで一番有名な観光スポットに行ってきた、レポートです!サモアに来たなら必ず訪れておきたい場所No.1。南の島の天然プールへようこそ!

f:id:kamachan9:20170326083556j:plain

 

トスアってどこ??

 

首都からトスアは結構あります。地図でいうとこんな感じ。↓

f:id:kamachan9:20170405141201p:plain

(星が首都Apiaで旗&星がトスアTosuaです)

 

バスに乗ってレッツゴー

 

てことでバスに乗車。f:id:kamachan9:20170405150058j:plainサモア人に「どのバスに乗ればいいの?」と聞き、「あれだよ」と親切に教えてくれます。サモアでどこか行きたい時はサモア人に聞きましょう!ウポル島の全バスは首都アピアから出発して、各方面に向かった後、また首都Apiaに戻って来ます。なので、バスは必ずApiaから出発します。目的地さえわかっていればとてもわかりやすい。

 

 

どんぶらこー、どんぶらこー、と揺られること一時間半でトスアに到着。どこで降りればいいのかわからなかったので、バスに乗っていたサモア人に教えてもらいながら下車。

料金は5WST(≒¥250)

 

 

ついに到着

 

メインロードから少し歩いて、入場料を払う。20WSTと少し攻め気味。どこにトスアがあるのかとさまよっていると、少し窪んでいるところを発見!「これはもしかして…」と期待しながら小走りに向かってみると、、、

 

ありました!トスアオーシャントレンチ!!観光ガイドブックで見るような角度!これは間違いない!トスアだ!ともう一同テンション大爆発。f:id:kamachan9:20170405150029j:plain

 

茨城県出身の僕にとってこんな綺麗な色をした海は初めてで、

もう、ルーというかグリーンというか、ああもうじかに見て欲しい!

 

 

そこらへんにテキトーに立っているファレで着替えを済まして、いざ!!

トスアは地上?から15mくらいのところにあるので、10m以上ある階段を降りなければいけない。結構これが怖くて、ヌルッとしてる階段を下を見ないようにして、トスア本体を目指す。

少しでも足を踏み外せば踊り場に転落する危険を背にしてやっとのことで降りる。

 

 

 

必死に降りた先には待ちにまった碧い色をした天然のプールが!中は洞窟のようになっていて、海とも小さい洞窟のようにつながっているところもあります。

(防水カメラ持ってくればよかったなーと後悔)

サモアでは珍しく外国人がたくさんいて、中には日本人も。(隊員以外で初めて日本人見た)結構観光客が集まるんだなー。

 

  • トスア以外にも色々あって、
  • 綺麗なサンゴ礁の外海があったり、f:id:kamachan9:20170405145904j:plain
  • 猫が数匹住み着いていたり、f:id:kamachan9:20170405145947j:plain
  • サモアの観光地には珍しい更衣室とトイレがあったり

20WSTは伊達じゃねー!と思いました。

 

帰り道問題。

 

何が問題か、帰る手段がない!

いや、厳密にはバスを待つか、タクシーで帰るかの二択があるんですが、バスは首都からかなり離れているため次来るのは一時間後とかはザラです。タクシーに関しては高すぎて論外。「明日帰る?いやでも明日語学学校あるから今日絶対帰らんと!」とか言いながら、ここで他の同期隊員が止まっている車をヒッチハイクして帰ろう!と言いだす。しかしこれが功を奏して、まさかのあの「クイーンエリザベス」の添乗員集団のバンに同乗できることに!これは本当にラッキー!しかもさすがのクイーンエリザベス号。(僕もよく知らなかったのですが、めっちゃ金持ちの人しか乗れない豪華客船らしいです)ビールやウイスキーまでくれた!帰りの金額も15WSTでApiaまで帰れた。本当にラッキーだったよ。ありがとうクイーンエリザベス!

 

 

この後同期隊員とカレー屋で反省会したことろ、トスアに行く時は大人数でバンを貸し切るか、車を運転できるならレンタカー、という決断に。帰りがね、きつめなんで。。

 

 

まとめ

トスアもう一回行きたい!猫にも会いたい!

  • 入場料は20WST(2017年4月4日現在)
  • バス代は片道5WST
  • 帰りの交通手段を考えておこう。大人数でタクシーかバンを貸し切ることをおすすめする。
  • シュノーケリングあれば持って行こう!楽しさ100倍。

 

 

ホームステイ先がトスアに近いのは秘密です。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

↑他の協力隊員の活躍はこちらから

 

【過去記事】

 

kamachan9.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする