サモアを立ち読みする。 JICAボランティアの活動日記

新卒の青年海外協力隊。南国サモアで教員やってます。

【青年海外協力隊】 サモアに二ヶ月住んでみて持って来てよかったモノ!

 

サモアで小学校の先生をやっているカマカです。

今回はサモアに日本から持って来てよかったモノ、そうでないモノを公開します。前回持って来たものを公開しました。その続編ということで!

 

kamachan9.hatenablog.com

 

 

持って来てよかったモノ

セームタオル

やっぱりこれでしょう!他の協力隊員の方もオススメしているので、セームタオルは間違い無いでしょう。速乾性、コンパクト、安い!もうこれ以上何を求めたらいいんだってくらい、便利です。バスタオルはかさばるし、旅行や海に入る時にかばんの中をタオルが制圧します。セームタオルはペットボトルくらいの大きさで、場所を取らない。これは本当に持って来てよかった。

 

ジェットストリーム

え?ペン?と思った方いますよね??ジェットストリームのペンは日本で売っているペンの中でも書きやすさ半端ないと思います。一回書いたらもう、他のペンは使えません。ペンは2年間ずっと使います。好きなペンを持って行こう。30本持ってきました!

f:id:kamachan9:20170403104301j:plain

(ちなみにジェットストリーム売ってました。1.0mmで$6.5。高っ!)

 

Macbook Pro 

軽くて持ち運びがしやすくて、ワードもできるし、シンプルだし使いやすい。協力隊に参加するにあたって、パソコン購入を考えていました。1代目はそろそろ五年が経つので、この二年のうちに壊れたや嫌だなって思い、予備でMacを購入。使ってみると持ち運びしやすいし、使いやすい!もうこれはメイン機にするしかないと思い立ってメインで使うことに。

実際協力隊はパソコンで仕事する方も多いと思います。テスト作ったり、報告書、プレゼンの準備等、田舎の隊員は状況するときに大きいパソコンだと正直かさばります。移動先でもパソコンを使って作業することは往々にしてあるので、できるだけ軽くて使いやすいものをオススメします。(国によっては対塵、防水も考慮)

 

あと、「協力隊はMac使えないんじゃないの?」と先輩隊員のブログを見てて購入を渋っていましたが、JICAのポータルサイトにアクセスしなくて良くなったためMacでも問題なしです。(詳しくは訓練所でお知らせがあります)

Let’s noteも良いな!

 

トラベラーズノート(手帳)

え?なんですかそれ?て思う方が多いと思います。これは手帳であり、ノートとしても使える。なんで勧めるか。同期が言っていたことですが、ネット環境から離れるに当たって、スマホで管理していたスケジュールをあまりみなくみなくなったそう。(パソコンとスマホでスケジュールを同期していたそうです。)予定や授業計画、一週間の予定など、職種によってはぎっしりと予定が詰まります。なのですぐに書ける紙タイプの手帳がオススメです。協力隊ではスマホで記録するよりも、紙で記録した方が、スマホでメモするより、安全面からも良いし、サッとメモできるのでオススメ。

中でも僕はトラベラーズノートをオススメしたい。外の本体を買ってあとは中のリフィルを自分で組み合わせて自分の好みに手帳にするなり、ノートにしたりできます。(僕はパスポートサイズを財布としても使っています)

使ってくごとに革のいい感じが出るので2年後の楽しみに!

(リンク先を貼っておくので、詳しくはそちらを宜しくお願いします!)

 

 TRAVELER'S COMPANY トラベラーズカンパニーホームページ

http://www.travelers-company.com

 

持って来たらよかったモノ

エネループ

出国前日まで買うのに悩んでいました。電池?何に使うんだ?と思って買うのを断念。なんでもあるよと聞いていたこともあって。実際電池は売っています。ピンキリですが、$1~$30まで。しかし、持ちが悪い。中国製がほとんどで、液漏れも結構怖い。主に電子辞書に使っていますが使用頻度が高いので、エネループは買いだったなあと後悔。

 

ビタミン剤

野菜が食べれない。ていうか、サモア人食べない。ホームステイ先に2年間お世話になるのであれば必須です。売ってますが、首都にしか売ってなくて地方隊員には(物理的に)手が届きません。

 

持ってこなくてよかったモノ

スーツ

サモアではいりません。持って来たらカビるし、表敬訪問は民族衣装の方が喜ばれます。活動も民族衣装。スーツの出番なし。そういう意味ではJICAバッチもまだ使ってない。

 

どうゆうことかというと、デング熱のため。デング熱にかかった恐れがあるとわかったら、バファリンや解熱剤を飲むとさらに症状が悪化する恐れがあります。そのためJICAからも日本で売られている一般的な薬の服用はNGがでてます。パナドールとタイエノールがデングに有効ですがサモアで買えます。あ、でもお腹弱い人は整腸剤系は必須。

 

必要以上の服

本当に必要最低限で良かった。。運動用と数日分の半袖短パン、下着、海パンくらい?基本的に活動は民族衣装です。活動がない日も簡単な民族衣装(ラバラバ)を腰に巻くのでズボンもあんまりはかないかな。

サモア人はおもてなしの心すごすぎて、ホームステイの時に一週間ぶんくらいのラバラバをいただくことに。(のちのラバラバの刑である)

 

【番外編:やっておいたらよかったこと】

持ってきたらよかったものよりもこっちの方が大切かも。

電子化

これだけ!本とか、映画、好きなアーティストのライブとか、パソコンやメモリに入れられるものはなるべく電子化した方がいい。首都隊員以外は基本的に村に一人なので、村の人とそれなりに関わっていても自分一人の時間はかなりあります。なので、自分の好きな映画とかバンバンパソコンに入れていきましょう。そういう意味ではキンドルに本や漫画を入れていくことをオススメします。

 

サモアではネットはかなり高くボランティアの人も節約して使っています。ダウンロードやアップデート等は日本でやっちゃいましょう!

 

 

 

 

 

まとめ

 

僕の感じたことは日本でしか手に入らない活動に使えるもの(日本の写真とか)か、自分の趣味のものを持ってきたらよかったなと感じています。実際に「本当にサッカーのスパイク使うのか??」なんて疑問を持ちつつ持ってきたシューズですが、サパパリイでは毎日サッカーを学校の校庭でやっているため、持ってきてよかったなあと思っています。 逆に十分だろ!なんて思っていた電子書籍化(Amazonから買う)はもっとやっておけばよかったなと後悔しています。

 

 

生活必需品は「必需品」なだけあって、サモアでも買える!

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

↑世界の協力隊員のもとへ飛んでけます!

 

 

【過去記事】

 

kamachan9.hatenablog.com

kamachan9.hatenablog.com