サモアを立ち読みする。 JICAボランティアの活動日記

新卒の青年海外協力隊。南国サモアで教員やってます。

ホームステイ① サモア式ビンゴと日本文化紹介 

鶏1「コケコッコー」

鶏2「コケコッコーー」

鶏3「「ココケッケッッコーーー」」

 

ああ、うるさい!なんで僕の家の鶏はこうも鳴き方が下手なんだ。

こんな感じで毎朝ホームステイ先で起床してる。

そして家族に”Morning.”と全員に言って1日が始まる。

 

だいぶ更新ブログの更新を滞らせていました。

まあホームステイ先の電波とか、体調が良くなかったりとか色々あったりしたのが原因。

今この記事は、ホームステイから首都に戻ってきて、引越し準備の間にBAWDIESという日本のバンドの新作アルバムを聴きながら、書いています。

(”NEW”というめっちゃカラフルなジャケのやつね!)

ホームステイ先ではだいぶサモアの文化の深い部分も知ることができたので、

いい感じでまとめるぞ!! 

 

今回はのサモアビンゴ編とちょっとした日常について書こうかな。

よし、ホームステイのことバンバン書いていくぞ!

 

先日の記事にも書いたけど、ホームステイ先は大、大大家族。

 

kamachan9.hatenablog.com

 

途上国では良くあることで、他国の隊員のブログを見ると、もっと家族が多くて名前もそうだけど、顔も覚えられないとかもよくあるらしい。

大家族だし、家族のことを第一に考える人たち(Family First)なので、食べ物とか、物とかを分け合ったりする。食べ物は普通に「はい、タロイモあげる!」とか簡単にあげるけど、他の「日用品」とかのおすそ分けはそう簡単ではない。

サモア式ビンゴ

「日用品」のおすそ分け、もはや配給?はビンゴで行われる。

そう、あの日本の町内会のお祭りとでやる、ビンゴ。

簡単にいうと、ビンゴで買った人が賞品?日用品をゲットすることができる。

f:id:kamachan9:20170302062135j:plain

日用品をゲットできるということもあって、毎週日曜に開かれるビンゴ大会には

家族(と言われている人)が大量に集まる。f:id:kamachan9:20170302071109j:plainサモア式ビンゴの概要はこう。

  • 1ゲーム参加料5タラ(=¥250)
  • ビンゴを縦に3枚繋げて、三枚すべてでビンゴを獲得する。
  • 最初の10ゲームくらいまでは普通の賭けビンゴ。(賞金は2〜3タラ)
  • ビンゴを四枚に繋げた四角ビンゴの勝者が日用品ゲット。
  • 四角ビンゴは8ラウンドくらいあるf:id:kamachan9:20170302062055j:plainf:id:kamachan9:20170302062143j:plain

なんでサモア人はビンゴが好きなのか

よくわかりません!なんで毎日深夜一時までみんなやるくらい好きなのか本当にわからない。理由として思い浮かぶのは動かないし、屋根の下で暑くないし、家族が集まれるから??

いや、でもみんな黙々とやってるから最後のは違うか。こればっかりはよくわからないので、サモアの七不思議にでも加えようかな。ビンゴはどこからきて、なぜ夜な夜な賭けビンゴをやるのか。みたいな。

 

日本文化講座開催

「へいへい、たいきー。日本語教えてよ。」

「たいき、私の名前って日本でどう書くの?」

こんな感じで日本語に対する興味が半端ない。f:id:kamachan9:20170302071046j:plain

だから、挨拶を一通りと自己紹介ができるくらいにはなった。

「ハジメマシテ。ワタシノナマエハ、モナリサデス。」

教えて初めて思ったんだけど、日本語って本当に難しい言語なんだなって思った。

だって文字は三種類あるし、口語の変化はものすごいスピードだし、助詞は分けわからないし!

 

 

 

折り紙は女子に大ウケ。教えることは教える側が学ぶということ

折り紙はやはり、日本の文化の一つだよなー、と思って日本の百円ショップで購入していた。

こどもが多かったから折り紙をレクチャー。七歳と主にやってたんだが、もう悪戦苦闘の連続。鶴の袋を潰す作業が最初はできなかった。だけど、何回か繰り返すうちに綺麗におれるようになっていたところを見て少し感動。折り紙を教えていてこっちも勉強になったことがいくつか。

まず、七歳でハサミが使えないこと。「Aisea?(なんで?)」って聞いたら「だって女の子だし、私こどもだよ!!」だって、なんのこっちゃ。学校でARTクラスがあるので道具の使い方は少なからず教えるはず。だけどできていないってことは教え方か、そもそもやっていないか何か問題があると思う。来週からの活動で色々見ていこうと思った。

自分ができることを相手がすぐにできるようになるとは思っちゃダメ。

まあ、当たり前のことだけど、これが一番感じたことかな。

綺麗に角を合わせて折るとか、袋を開いて折ることとか、自分ができて、見せながら教えても、すぐにできるとは限らない。ゆっくりと相手のペースに合わせて、周りを見ながらやっていくことが大切。じゃないと楽しくできない!

作ったのは

メダルとか

f:id:kamachan9:20170302064028j:plain

紅葉とか!

f:id:kamachan9:20170302064033j:plain

もちろん鶴も。あとは水仙とか、バラ花をメインに。

 

はい!!今回はここまで。

最後まで見てくださってありがとうございます。

次はサモア食、おもてなし料理、トオナイ(日曜に食べる料理)について書きます、、多分。

 

↓協力隊ブログ村参加中

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

広告を非表示にする