読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サモアを立ち読みする。 JICAボランティアの活動日記

新卒の青年海外協力隊。南国サモアで教員やってます。

ホームステイ② サモアの食文化を紹介します

Malo!  Oa mai oe?(こんにちは、元気ですか?)

みさなんこんにちは、こんばんわ。

リアルタイムは任地にドナドナされました。

お隣さんはジャマイカ人みたいな髪をしたアメリカン。

 

今回はサモアの食文化について紹介。

 

f:id:kamachan9:20170303194957j:plain

これはココナッツの内側を削って、家畜の餌を作っているところ。

(※中のココナッツジュースは責任を持って私がおいしくいただきました。)

いつも食べるもの

これは家庭にもよるけど、基本はタロ主食f:id:kamachan9:20170303194131j:plainとして、

オカ(Oka)という生魚f:id:kamachan9:20170303194134j:plainやあるものをぶち込んだ炒め物が基本かな。

あとはココナッツミルクと何かを組み合わせた、炒め物

朝ごはんは食パンとかも普通に食べる。

で、不思議なのが、サモアは気温が30度くらいあるのに、

サモア人は好んで、ホットコーヒーを飲む。だから飲んだあとは

汗だくになる。もうわけわからない。

 

日曜オンリーの「トオナイ」

日曜日の昼は家族みんなトオナイという料理を食べる。

どんな料理かというと、

「パルサミ」と呼ばれるタロの葉っぱでココナッツクリームを巻いた料理とか、f:id:kamachan9:20170303194100j:plain

豚肉、さっきでてきた「Oka」、熟れたバナナを蒸し焼きにしたやつ、f:id:kamachan9:20170303194110j:plain

魚の丸焼きとか、、、

日曜にしかこれらの料理は食べられない、というわけではなくて、

日常の食卓にも出てきます。

でもちょっと手間がかかっているものが多いから週一。

日曜日は宗教上「安息日」になっているから、

働いたり、運動したりしてはいけない。

料理もその対象で、その流れでできたのが「トオナイ」

準備も前日の土曜日のうちにやる。

なので土曜日は"Aso Tonai"(土曜日の意)

 

サモア人のおもてなし精神は最高級

サモア人はゲストを大事にし、尊敬の念を込めて、

おもてなし料理を作る。

その規模はトオナイと同じくらい豪華。

しかも飼っている大切な豚を豚の丸焼きにするくらい。

ずっと豚だったものから、豚肉になるまでの過程を見てたのですが、

豚肉ってこうやって作られてるのか、と血抜きや、内臓とかをとっているところを見ながらしみじみと。

こうなって(中には焼き石が入っています)

f:id:kamachan9:20170303194128j:plain

岩の上でタロとともに蒸し焼きにされた。

f:id:kamachan9:20170303194122j:plain

 

「食育」て直接食べ物が生まれていく過程をしっかり見て、学ぶことも大切だな、って思った。日本とかだと田舎にいてもこうゆうのは、見ないから機会を作って子供に見させるようにすることも必要かな。食べ物は天から降ってくるわけじゃなくて、誰かが生き物を育てて、食べ物にしているわけだし。

 

サモアの食べ物はとても美味しいですが、美味しいって感じると、どんどん太っていくよ!と先輩隊員に言われた。ココナッツクリームとか、砂糖とか、大量に使ってるからね。そりゃ太るわ!

頑張って走ります。

4月にハーフ走るかもです。

 

今回はここまで。Fa soifua!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

ホームステイ① サモア式ビンゴと日本文化紹介 

鶏1「コケコッコー」

鶏2「コケコッコーー」

鶏3「「ココケッケッッコーーー」」

 

ああ、うるさい!なんで僕の家の鶏はこうも鳴き方が下手なんだ。

こんな感じで毎朝ホームステイ先で起床してる。

そして家族に”Morning.”と全員に言って1日が始まる。

 

だいぶ更新ブログの更新を滞らせていました。

まあホームステイ先の電波とか、体調が良くなかったりとか色々あったりしたのが原因。

今この記事は、ホームステイから首都に戻ってきて、引越し準備の間にBAWDIESという日本のバンドの新作アルバムを聴きながら、書いています。

(”NEW”というめっちゃカラフルなジャケのやつね!)

ホームステイ先ではだいぶサモアの文化の深い部分も知ることができたので、

いい感じでまとめるぞ!! 

 

今回はのサモアビンゴ編とちょっとした日常について書こうかな。

よし、ホームステイのことバンバン書いていくぞ!

 

先日の記事にも書いたけど、ホームステイ先は大、大大家族。

 

kamachan9.hatenablog.com

 

途上国では良くあることで、他国の隊員のブログを見ると、もっと家族が多くて名前もそうだけど、顔も覚えられないとかもよくあるらしい。

大家族だし、家族のことを第一に考える人たち(Family First)なので、食べ物とか、物とかを分け合ったりする。食べ物は普通に「はい、タロイモあげる!」とか簡単にあげるけど、他の「日用品」とかのおすそ分けはそう簡単ではない。

サモア式ビンゴ

「日用品」のおすそ分け、もはや配給?はビンゴで行われる。

そう、あの日本の町内会のお祭りとでやる、ビンゴ。

簡単にいうと、ビンゴで買った人が賞品?日用品をゲットすることができる。

f:id:kamachan9:20170302062135j:plain

日用品をゲットできるということもあって、毎週日曜に開かれるビンゴ大会には

家族(と言われている人)が大量に集まる。f:id:kamachan9:20170302071109j:plainサモア式ビンゴの概要はこう。

  • 1ゲーム参加料5タラ(=¥250)
  • ビンゴを縦に3枚繋げて、三枚すべてでビンゴを獲得する。
  • 最初の10ゲームくらいまでは普通の賭けビンゴ。(賞金は2〜3タラ)
  • ビンゴを四枚に繋げた四角ビンゴの勝者が日用品ゲット。
  • 四角ビンゴは8ラウンドくらいあるf:id:kamachan9:20170302062055j:plainf:id:kamachan9:20170302062143j:plain

なんでサモア人はビンゴが好きなのか

よくわかりません!なんで毎日深夜一時までみんなやるくらい好きなのか本当にわからない。理由として思い浮かぶのは動かないし、屋根の下で暑くないし、家族が集まれるから??

いや、でもみんな黙々とやってるから最後のは違うか。こればっかりはよくわからないので、サモアの七不思議にでも加えようかな。ビンゴはどこからきて、なぜ夜な夜な賭けビンゴをやるのか。みたいな。

 

日本文化講座開催

「へいへい、たいきー。日本語教えてよ。」

「たいき、私の名前って日本でどう書くの?」

こんな感じで日本語に対する興味が半端ない。f:id:kamachan9:20170302071046j:plain

だから、挨拶を一通りと自己紹介ができるくらいにはなった。

「ハジメマシテ。ワタシノナマエハ、モナリサデス。」

教えて初めて思ったんだけど、日本語って本当に難しい言語なんだなって思った。

だって文字は三種類あるし、口語の変化はものすごいスピードだし、助詞は分けわからないし!

 

 

 

折り紙は女子に大ウケ。教えることは教える側が学ぶということ

折り紙はやはり、日本の文化の一つだよなー、と思って日本の百円ショップで購入していた。

こどもが多かったから折り紙をレクチャー。七歳と主にやってたんだが、もう悪戦苦闘の連続。鶴の袋を潰す作業が最初はできなかった。だけど、何回か繰り返すうちに綺麗におれるようになっていたところを見て少し感動。折り紙を教えていてこっちも勉強になったことがいくつか。

まず、七歳でハサミが使えないこと。「Aisea?(なんで?)」って聞いたら「だって女の子だし、私こどもだよ!!」だって、なんのこっちゃ。学校でARTクラスがあるので道具の使い方は少なからず教えるはず。だけどできていないってことは教え方か、そもそもやっていないか何か問題があると思う。来週からの活動で色々見ていこうと思った。

自分ができることを相手がすぐにできるようになるとは思っちゃダメ。

まあ、当たり前のことだけど、これが一番感じたことかな。

綺麗に角を合わせて折るとか、袋を開いて折ることとか、自分ができて、見せながら教えても、すぐにできるとは限らない。ゆっくりと相手のペースに合わせて、周りを見ながらやっていくことが大切。じゃないと楽しくできない!

作ったのは

メダルとか

f:id:kamachan9:20170302064028j:plain

紅葉とか!

f:id:kamachan9:20170302064033j:plain

もちろん鶴も。あとは水仙とか、バラ花をメインに。

 

はい!!今回はここまで。

最後まで見てくださってありがとうございます。

次はサモア食、おもてなし料理、トオナイ(日曜に食べる料理)について書きます、、多分。

 

↓協力隊ブログ村参加中

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

ホームステイ開始!まさかの夫婦二人暮らし??

Malo le soifua(こんにちは、polite ver.)

遂にホームステイ開始
以前にJICA事務所から聞いていた
情報では57歳の夫婦2人で暮らしているとのこと。
んーー。サモアは大家族で住むって聞いていたから、これはどうゆうことだ??
同期隊員には「息子プレイしてればいいじゃん。
確かに!ていうか、まんま息子になるパターン
まぁそんなことはなかったんですけどね。

  • Vaovai村に到着

1人ずつ各ホームステイ先にドナドナされていきます。
そして僕ともう1人残った。
普通は1人ずつ各1家庭にドナドナされる。
しかし僕らは違った。
確かにホームステイする「家庭」は違ったのだが、なんと同じ敷地内の大家族の一家にホームステイするということだった!

どうゆうことかというと
僕が泊まらせていただいている家族の父親
もう1人の同期隊員が泊まっている家族の父親は兄弟。だから敷地が仕切られていなく、同じ敷地内。

 

  • 想定していた家族数より20倍

まだ家族全員の名前を覚えられていない。

だって、30〜40人くらいんだよ!!

f:id:kamachan9:20170223171428j:image

しかも神出鬼没な男の人もいるし、
家事ばかりやってる男や
いったい何人いるんだっていうこどもまで。。

まだ始まったばかりだ
半分くらいは覚えたい。。。

f:id:kamachan9:20170223171430j:image

サモア人は家族を大切にする。
自分の家族には食べ物をシェアし
タロやバナナのプランテーション
共同で管理する。
でもそれは同時に家族外の人間には信頼を寄せないことでもある。実際サモア人はそうらしい。家族全員で料理を作り、団欒して、子供を育てて、一緒にすごす。
日本にいると忘れていたことをサモアは思い出させてくれる。

自分は家族大事にしてたかな。
ホームステイも残り5日。

 

サモアで一番大きな?博物館に行ってきた話

 

 

Malo.(こんにちは)明日からホームステイのサモア隊。

他の同期隊員は活動が始まっているというのに!!

 

サモアで一番大きな博物館とは

 

今回行ってきたミュージアムは

Robert Louis Stevenson Museum 

ピンと来る人もおそらくいる。

それもそのはず、スティーブンソン(1850-94)はとても有名な小説家で

ジキル博士とハイド氏(1886)や『宝島』(1883)を書いているイギリス人。

自分は読んだことないけど。。

なぜ一番かって?

国立博物館よりも立派だから。

 

なぜスティーブンソンの博物館がサモアにあるのか

 

彼は生まれつき病弱だったそうで、

若い頃から結核を患っていた。

そのため、1890年、小説を書いている間に知った太平洋が

病弱な彼の体のために良いと、サモアに移り住んだらしい。

(当時のイギリスの空気は最悪だし、産業革命後あたり)

 

そして博物館の中

 

ミュージアムは彼の実際の家、敷地にあります。

アピアからバスで10分くらい。

中に入るのには20WST(=¥950)の入場料を払う。

f:id:kamachan9:20170221131836j:plain

彼と家族が実際に住んでいたこともあってか、

本物の本や資料、服、家具等が当時のそのまま残っている。

家族の写真とか(サモア人とすっごく仲が良かったらしい)

f:id:kamachan9:20170221131747j:plain

奥さんの服とか

f:id:kamachan9:20170221131810j:plain

めっちゃ分厚い金庫とか。(イギリスからどうやって持ってきたんだよって言いたくなるくらい。

 

f:id:kamachan9:20170221131805j:plain

 

 

あと彼の敷地にはスティーブンソンの墓地も立ってます。

山頂に。乾季に登ります。雨季はそうゆう季節じゃーない!

 

帰り際に日本とサモアの友好の印があった。

日本の国旗サモアのいたるところでよく見ます。

 

では明日からホームステイに。Fa soifua.

 

サモア語研修最終日

 

 

To sua ocean trenchに行ってきました。(いつかサモア絶景10選とかでまとめる、かも)f:id:kamachan9:20170219160224j:plain

 

Malo, o lou igoa a o Taiki. E luasefulutoru ou tausaga. Oute faiaoga i Samoa. Oute aoaoine le numela ma saienisi i Sapapalii.

 

こんにちは、こんばんわ。

いきなりのサモア語ですいません。

が、これがとっても重要。

 

 

明日、現地語学訓練最終日なのですが、

サモア語でプレゼンをする、というミッションが、、

お ろう いごあお、、、おうてさうまいいやぱに、、、

あーもう似ている単語が多すぎる!!

サモア語の基本の「き」

サモア語は母音のa,e,i,o,u

子音のf,g,l,m,n,p,s,t,v,のみで構成されています。

だから、英語やスペイン語に比べて圧倒的に似ている単語が多くなる。

組み合わせの絶対値が少ない。

例えばmasina(月),masima(塩)とか、あげるときりがない。

しかもサモア語には発音に若干難点がある。

a  ‘a  a(伸ばす) ‘a(伸ばす)」(↓参照してください)

 

f:id:kamachan9:20170219154517j:plain

サモア語対応してないので、詳細に書けない。

①普通の発音

②母音にちょっと詰まる発音

③母音を伸ばす発音

④ ②と③の混合発音

が母音に伴う発音がある。

第二言語学習者向けにこれらの違いは辞書とかに

書いてるが、広告とかサモア人同士の手紙等には書いていない。

サモア人は子供の頃からその違いを体に刷り込まれている。

 

弱音は吐かない

まあこの発音問題、実際はなんともないが、

サモア語の文字数の少なさで

単語が似る現象は結構厳しい。

でもスリランカ隊のタミル語とかは、訓練所で英語を70日学習したのに

英語ベースじゃないタミル語を現地スリランカで学習しなければいけないらしいので、

それに比べたら、

こんなことで弱音を言っている場合じゃない!!

でも英語しゃべりたいな〜〜

 

そんなこんなで、明日で現地語学訓練終わり。

プレゼンて言っても本当に小学生程度の語学レベルなので、、なんとも言えませんが。

f:id:kamachan9:20170219155432j:plain

ではFa soifua.

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

このブログの基本スタンス

 

 

お久しぶりです。

ちょっと忙しくて、更新せず毎日ベットに直行していました。。ていうか、はてなブログでブログを書いているのですが、アクセス解析っていうのがあって、どれくらいの人がこのブログを見ているのかがわかる。そしたら100人を超えていて、びっくり。

 

見てくださっている方ありがとうございます。

 

このブログ

で、本題。

このブログは、自分の活動を何かに残したくて書いています。Facebookでもいいかなって思ったけど、それだと記事がタグづけされた他人の投稿が自分のタイムラインに

乗っちゃうなど、、まあそんなこんなでブログにした。ブログだけど、特にブロガーになりたいとか、お金を稼ぎたいとかは全くなくて、自分の日記がわり、みたいに考えています。なので更新も基本二日に一回だけど、まあ気分で更新しなかったり、更新したりするかも。

 

 

気分屋なので、そこらへんよろしくです。

 

なんで協力隊に参加したのか、とか書いて、二年後、「こんなこと思ってたのかよ!」

とかって言いたい。

 

今後の日程

月曜日にサモア語でプレゼン?自己紹介があります。

(もう小学生レベル。。)

水曜日から一週間ホームステイ。夫婦二人の家庭にお邪魔する予定。ウポル島の南は海が綺麗だから楽しみ。

 

そしてホームステイが終わって二日したら

任地にドナドナです。

 

さあやったらんかい!(同期の口癖)

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

サモアのバスはイケメン乗車率が高い。

今日はlagilelei(晴天)でした。

雨季の晴天は本当に気持ちがいい。

 

今日は月曜日。月曜はたいていの国で週初め。

サモアもそう。サモア語研修も半分を過ぎ、

ルールのない文法を従えるサモア語にも慣れてきた。

語学はホテルの一室を使い、習っている。

 

ホテルまではバス。

首都アピアから各地方に向けてせっせと走っている。

一回1WST(1WST=¥45)

 

バスは日本の大きさと変わらず、

乗車可能人数はざっと35人くらい。

いつもはこんな感じ。

f:id:kamachan9:20170213143858j:plain

しかし、今日という日を忘れていた。

 

 

 

かなりの乗車人数!!

35人しか乗れないはずなのに絶対80人はいる。

乗車率200%。

 

インドの電車みたいに車体の外に出ることはない。

じゃあサモア人はどうやってバスに乗るのか。

 

サモア式はこうである。f:id:kamachan9:20170213143857j:plain

膝の上に自分よりも小さい(であろう)人を乗せる。

理由はサモア人は優しいから。

外国人の僕たちを見ると

座りなよ!」と言ってくれるイケメン高校生がたくさんいるのだ。

そして自分の席を立ったイケメン君は他の男子高校生の膝上にポンと乗る。

年寄りでもないのに、

他人に席をゆずるなんて本当にサモア人は優しい。

サモアン高校生イケメンかよ!

 

しかし、今日は乗車率200%

どこの膝の上も空いていない。

どうしよう。どうしよう。あ、バスが出ちゃった。。。

必死に見つけた結果、

f:id:kamachan9:20170213143902j:plain

ここでした!(出入り口)

乗車率が201%になった瞬間でした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村